1. TOP
  2. 跳べ!ロックンロール・ジーニアス【 第9話 】

跳べ!ロックンロール・ジーニアス【 第9話 】

ギタリスト-トモコ

音楽ドキュメント・ストーリー  跳べ!ロックンロール・ジーニアス

1980年代に巻き起こった 原宿歩行天バンドブーム の真実

【 第9話 】 時間泥棒

 

 

〔チビ太、泣く〕

 

そんな周りの盛り上がりとは対照的に、

バンド内部は複雑で。

ぎくしゃくとした人間関係を調整することに、かなりの労力を取られていた。

一言で言って、「芝居出身者」は低く、軽く見られていたんだ。
金銭的にもエネルギー的にも、バンドを支えているのは「芝居出身者」なの。
でも「音楽を知らない」と断定され、発言権はあまりにも低かった。

オレも芝居出身ではあるけれど、オレには言えないからね。大人気なくて、今となってはホントに恥ずかしい話なんだけど・・ オレは当時かなり血の気が多く、なめられて黙ってる人間じゃなかった。攻撃されるとすぐに牙をむく馬鹿犬だったんだよ。だからオレに言えないような不満を他のメンバーが受け止めるしかなかったんだ。特に トモコ・チビ太が・・・

 

「トモコ チビ太」はねぇ、ファンの間でも凄く人気があったんだ。

ステージに立つと、まるで小っちゃい子供。ウン。小学生ぐらいの子供が元気に飛びはねて、ギターなんか弾いちゃって、ってね。

「ジョニー・B・グッド」の世界だ。 ある山深いド田舎に、「ジョニー・B・グッド」という男の子がいました。すごくちっちゃいんだけど、ギターを弾くと皆が集まってくる。ベルの音みたいに チリリリリン、とね。凄いヤツだ。 ちっちゃな指で弾きまくるから、みんなノッちゃって踊りだす。

「GO! GO! GO チビGO! GO!」

見てる方が保護者みたいな気分になっちゃう。運動会で自分の子供を応援するみたいにさ。

「アラ。うちの子、大丈夫かしら。頑張って!転ばないでね」

そんな顔して見つめてる客が多かった。ジャンプしたり走ったり、転がったり・・・楽しいよ。バンドに人気が出たのは、アイツの功績、大きい。

ばんどアクション

トモコチビ太 & ロックンロール社長 kaz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素顔は、天然の「ボケ」なんだけどね。 そう大ボケ。

電車で移動してる時、吊革につかまってたら、車輌 が「ガタン」と揺れて。チビ太の奴、「ビューン」と飛んでった。あんなに飛ぶことないのに。ホント、後ろのシートまで飛ばされて、ストンと座っちゃったの。知らないおじさんのヒザの上。おじさん、ビックリ。オレもビックリ。

「お前、それって“バック トゥ ザ フューチャー”のパロディのつもりかよ」

そういう映画のシーンあったじゃない? 巨大スピーカーの爆音で飛ばされる主人公。

「バック・トゥ・ザ・トモコ」だ。

 

アイツのボケについて、いちいち細かいことは覚えてないけど、スサまじかったんだ。それでスタジオの練習がストップしちゃうことも、よくあったし。

「ヤスコ・クイーン」も似たような感じだったからね。あの2人が揃うと強烈。話が感覚的で、オレたちにはチンプン カンプン。連中にしか見えない「世界」って奴があるみたいだな。

本人たちは大真面目でやっていることでも、ずい分爆笑させられてしまった。

チビ太が 竹の塚から高円寺に引っ越して来た時も・・

アイツ、フトンをさ・・ 電車で持ってきたんだぜ。担いで。唐草模様の大きな風呂敷に包んで。

 

唐草模様の獅子

 

 

 

 

 

 

女のメンバーが手伝いに行ったらしいんだけど、真っ赤な顔して「大恥かいた!」って言うんだよ。

電車に乗って、フトン袋担いでるやつ見たら 周りの乗客は引くだろ? 当たり前の反応だ。しかも唐草模様だぜ。
小学生ぐらいの子供に指差されて「アッ、ドロボーだ!」って言われたっていうんだ。犬にも吠えられたんだって。そりゃ吠えるよ、犬だって。怪しいもん。

 

 

 

吠える犬

 

ま、それもアイツの持ち味だから。オレは楽しんでたんだけど、神経を逆なでされて怒る奴もいた。マコト・クレイジーから借りたギタースタンドを、チビ太が無理に引っ張って壊しちゃったりしてさ。

「ここにネジがついてるだろ? ネジをゆるめて引っ張れば、オシャカにならずにすんだんだ。よく見ろよな」

ギターを教えていたのはマコトだったからね。イラつくことも多かったんだと思うけど、マコト・クレイジーにも問題があった。

アイツ、スゴい「こだわり」を持ってるの。ハードロックというものに。

ハードロック以外は音楽にあらず。リッチー ブラックモア、ジェフベックこそが全ての頂点に立つギタリストだ、みたいにね。

そういう「こだわり」はいい方に作用すれば、ルーツとポリシーを持った楽曲が出来たりして、バンドのサウンド、カラーを強力に印象づけることが出来る。ジーニアスの楽曲の個性は、そういうマコト・クレイジーの音楽的志向から生み出されたものが70%ぐらいあったと思う。彼なしではロックなサウンドは形作られなかったと言っていい。つまり、ロックンロール・ジーニアスにとって絶対的に必要な存在だったんだ。

 

でも、そのこだわりが悪い方向に働くと・・・

こんなことがあった。

マコトの考えでは、チューニングは自分の耳だけを頼りにするべきだ、と。
正論だよ。トモコにも 音叉とかピアノでAの音をひろってチューニングさせていたんだ。
やったことある奴ならわかると思うけど、素人にとってチューニングって、そんな簡単なことじゃないんだな。

Aの音に合わせるって言ったって、

「これとこれは 同じ音? え? ちがうの? 高いの? 低いの?」

耳が慣れてないからね。基本的なことがわからない。

スタジオの中で、「ポーン。ポン、ポーン。ビョォーン」って延々チューニングが始まる。

「チガウ。高い」

ってマコトに言われて、「ビョォーン」

「チがうだろ。今度は低すぎるんだよ。もっとちゃんと聞いてみな」

ちゃんと聞いてみなって言ったって、オレだってワカらん。
他の奴も、よくわかんないって顔してたけど、チビ太の要領の悪さがよけいアダになっててさ。5弦合わせてんのに、4弦のペグをゆるめてたり。

「チビ太、チューニング メーター使えよ。メーターで合わせて、1人になった時、耳で合わせるトレーニングすればいいんだよ」

今だったら オレ、そう言うよ。簡単なことじゃん。
そんなカタく考えることじゃない。今は皆で練習してる時間だからさ、メーター使えばいいんだ。

 

ギターをチューニングしている

 

 

「チューニング メーター使えば?

レイ ギャンか誰かがそう言って、助けようとした。

「いや、出来ないうちから妥協しちゃ駄目なんだ。時間がかかっても、自分の耳で合わせないと」

マコトが断定的に言った。

そんな「こだわり」 クソくらえ! だよ。30分も1時間も、皆の前でチューニングする意味がどこにある? 厳しさも、そこまでやれば行き過ぎだ。

チビ太、だんだんプレッシャー感じてビビっちゃって、もう全然耳が働かない。音が探せなくなってるんだ。それでも「ティン・コン」って音を出して・・・

オレ、守ってやれなかったの。アイツを。トモコ チビ太を。
青い顔して、ずっとAの音を探しつづけてるアイツを。皆のさらし者にして、ただ見てた。

だって 音楽知識が無いから、マコトの変なこだわりに対抗する意見が言えないんだ。悔しいよ。ふがいない自分・・・

 

次の練習から、チビ太は1時間以上前にスタジオに来て、チューニングをするようになった。他のメンバーも手伝ってやっとチューニングが合ったんだ。

皆がスタジオに来るまでに間に合って、「よかった」ってホッとして。

「さあ、練習やろうぜ」

トモコ チビ太がギャーンて弾いたら マコトが、
「トモコ、チューニング違うぞ」

「・・・・・」

「・・・・」

「・・・・・」

―――スタジオに緊張が走った。

そこからまた 延々、チューニングがはじまったの。
オレたちは、ただ それを見つめるだけ。
マコト・クレイジーの言ってることも気持ちもわかるけど、そこまでやっちゃダメだ。今だったら言える。もうやめろ、って。

そこまでやったら、もう指導でもなんでもない。あそこまでいっちゃったら・・・いじめだ。

うがった見方をすりゃあ、ストリートではトモコはバツグンに人気がある。「音」を支えてんのは自分達なのに、って面白くない。コイツばっかり。実力も無いくせに目立ちやがって、って。

そういう気持ちが全然無かったとは、言えないと思う。異常だった、あの雰囲気。オレたちみんな若かった。わがままな部分が出ちゃうこともある。オレも人のこと言えない。ひどいわがままなガキだったよ。でも・・

もう皆がイヤになっていた。何に対してイヤなのか。それすらも解らないまま、全員がトモコのチューニングを待っている。
「何でこうなる訳?」って答えを求めるうちに、「一体、誰のせいだ?」って犯人探しがはじまっちゃう。

バイトを切り上げて、練習に遅れないように走って来たのに、急いでスタジオに来てみれば、ただ チューニングに付き合わされる―――だけ・・・・皆のイライラはピークに達していて、攻撃目標を捜しはじめていた。

その時。

 

「時間どろぼう!」

 

空気を引き裂くように、ツッパリ 久美子が叫んだ。

ハッとしたように、その場にいた人間達がこわばった。
ツッパリ 久美子も「しまった」という表情を見せたけど、もう遅い。

「・・・・・」

「・・・・・」

「・・・・・」

「・・・・クスン。クスン」

普段明るく脳天気なチビ太の目から、涙があふれていた。

「安っぽくなるから、どんな時にも涙なんか流すな」

ってメンバーに言っていたオレの言葉を守って、必死にこらえてるんだけど、いろんな思いが詰まって、こぼれてくるものを押さえることは出来なかった。

オレ、それからだ。真剣に音楽の本とか買って読むようになったのは。

知識が無ければ、メンバーを守れない。このままじゃ、大事な仲間がつぶれてしまう。そう思って、音楽について もっともっと知らなけりゃいけないと思ったんだ。

 

= つづく =

 

チューニングメーター

 

 

 

 

 

 

 

 

【 第10話 】へ

 

 

バックナンバー

【 第1話 】 Introduction

【 第2話 】 原宿歩行者天国

【 第3話 】 はじまり

【 第4話 】 ロックンロール・ジーニアス結成

【 第5話 】 音楽スタジオ作り

【 第6話 】 目標 年間100ステージ

【 第7話 】 TV出演

【 第8話 】 ギャラ30万

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミスター・ワイルド|自分をデザインするライフスタイル・マガジン!の注目記事を受け取ろう

ギタリスト-トモコ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミスター・ワイルド|自分をデザインするライフスタイル・マガジン!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ロックンロール 社長 池松 kaz

ロックンロール 社長 池松 kaz

株式会社ジーニアスインターナショナル
(http://www.genius-kaz.co.jp)代表。Smart CrutchJapan 代表。Lily Nily Japan 代表。Funky Station 代表。渋谷区在住。

貿易会社社長として活動する一方、ロックバンドのシンガー、サイドギタリスト、作曲家、作詞家としても活動し、音楽とビジネスの融合を目指す仕事を展開している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ライナーノーツ【 第3話 】オリジナリティとは?

  • ライナーノーツ【 第2話 】委任状契約

  • ライナーノーツ【 第1話 】プロローグ

  • 跳べ!ロックンロール・ジーニアス【 第18話 】-最終回-

関連記事

  • 跳べ!ロックンロール・ジーニアス【 第5話 】

  • 跳べ!ロックンロール・ジーニアス【 第6話 】

  • 跳べ!ロックンロール・ジーニアス【 第14話 】

  • 跳べ!ロックンロール・ジーニアス【 第18話 】-最終回-

  • ライナーノーツ【 第1話 】プロローグ

  • 跳べ!ロックンロール・ジーニアス【 第1話 】