1. TOP
  2. 太ったブタになるのはイヤだ。【 オトナのダイエット 】

太ったブタになるのはイヤだ。【 オトナのダイエット 】

おとながダイエットしたくなる画像

一番素敵な服はなにか? と聞かれて「それは裸だ」と答えたモデルがいる。本来、人間の体はそれほど美しいものなのだ。男も、女もね。神が作りたもうたその美を、日々の欲望や不摂生で台無しにしてしまっているとしたら。もったいないことだとは思わないか? 人間いつからでも遅いということはない。もし明日死ぬとしても美しく旅立とう。だから、若い時とは違う。おとなの決意表明。今日からダイエット。

 

痩せることで広がる可能性

見た目の年齢を決める要素の1つが「体型」だと言われる。

「昔は痩せていたんだよなー」

と笑いながら話す知人をあなたも見たことがあるだろう。あるいはあなた自身、自分の体型を笑い話のネタに提供して酒のツマミにしたことがあるだろうか? ハゲやシワであれば、自分の力でなかなか取り戻すことはできない。しかしその体重。パッと見た時のシルエットに関しては、まだまだデザインすることが可能なのだ。

 

今のこの世の中で、見た目はすごく重要だ。あなたもそうであるように、まずは見た目で判断する。中身は知らないのだから、ファースト・インプレッションで判断せざるをえないという現実がある。断言するが、スタイルがいい人はそうでない人より間違いなく得している。仕事ができるように思われたり、モテたりする。サイズの小さい服でも着られるようになるからオシャレの幅も広がり、ますます魅力的になる。

太った人は何キロもの「肉の重り」をつけて歩いているようなものだから、痩せれば身軽に動けることに驚く。じつは若いころより体が動かなくなったのは歳のせい、と思っていたのが「肉のせい」であったことに気づく。太っていれば病気にかかる可能性だって増える。糖尿病、心臓病、内臓疾患、胆石・・ 病院代が減ればもっと有意義なことにお金を使える。お金の問題だけではなく、命や未来のライフスタイルにも影響するのだから正しく痩せる「おとなのダイエット」は意味ある重要なトレーニングだとわかってもらえるだろう。

 

おなかの脂肪をつまんでいる女性

つまんで、ポイッ!

 

 

 

 

 

 

 

今から痩せることは可能なのか?

そうはいっても、もうそんなに若くないし。痩せることの重要性はわかっても、今から痩せることなんて不可能じゃないのか? 今までだってさんざんいろんな方法は試した。ちょっと効果あるぐらいのものはあったけど、長続きしないし劇的な変化なんてなかったよ。と考えるあなたーー

劇的に痩せることは可能だ、断言する!

なぜ断言できるかと言うと、じつは Mr. WiLD 編集部 の中に2人。2ヶ月で14kg痩せた、というかシェイプアップしてスッキリしたシルエットになった人間がいるからだ。ゆえに人間は短期間でも劇的にスリムになることはできる。

とはいえ、もちろん普通に暮らしていては2ヶ月で激変なんて夢のまた夢。激痩せした2人は「吉川メソッド」というトレーニングを行ったのだ。「吉川メソッド」とは、今はやりの「ライザップ」のメソッドの生みの親。元々は「吉川メソッド」のやり方が短期間で痩せることをコミット(約束)するトレーニング方法だったのだ。ライザップはその方法を大々的に広めることに成功したが、短期間で激痩せのトレーニングは「吉川メソッド」から始まった、と言っていいだろう。

しかし、そんなことはどうでもいい。どちらが元祖でも老舗でもあなたには関係ない。興味があるのはどんなやり方をすれば短期間で見違えるほどのボディを手に入れられるか、ということの一点だろう。

 

ライザップのやり方

ライザップにしろ、「吉川メソッド」にしろ効果的なんだろうな、短期間に痩せられるんだろうな、ということはわかった。

しかし高いじゃないか。あんな値段払えないよ、という人は多いと思う。本当にあんな値段払わなきゃ、短期に痩せることはできないの? そんなことはない。では特別に、「吉川メソッド」に通っていた編集部員たちにその全貌を教えてもらおう。大金をはたいて知り得た知識だが、あなたにはこっそり、タダで教えちゃおう。このやり方を実践すれば、あなたも短期間で理想のボディが手に入る。しかも、タダで!

 

Slim Body

今からでも、こうなれる

 

【門外不出!】これが高額ダイエット・ジムのノウハウだ

短期間で劇的に痩せる 8つの秘密

このやり方(秘密)を知れば、あなたも短期間で理想のボディを手に入れられるーー かも!

秘密−1:人間のメカニズムを知る

ダイエットを始める前に、まず理解していただきたいのが「人間のメカニズム」である。これがわかっていないといくら食事制限をして一時的に痩せてもすぐに元に戻ってしまう。リバウンド王になってしまうのだ。

しかも、リバウンドした時にはダイエットする前より確実に体重が増えている。
なぜ、こうしたことが起こるかというとーー

以下の人間のメカニズムを知る必要がある。

 

あなたが食事制限をすると、脳が危険信号を発令する。

人間の歴史は長いこと、飢餓との戦いの歴史であった。自然災害、天変地異、争いなどによって何度も絶滅の危機に瀕してきた。テクノロジーの進化によって農作物や酪農が安定し充分な収穫が可能になったのは、つい最近のことである。

つまりまだ、我々の体内には「飢餓を知らせる緊急発令ベル」が埋め込まれている。

無理なダイエットでおなかがすき、食べない状態を続けると突然、体内ではけたたましくこの緊急発令ベルが鳴り響き、あなたの体に命令する。

「省エネモードに切替えよ、エネルギーを減らさず痩せにくい状態をつくれ!

この伝令が細胞の1つ1つにまで行き渡る。
こうなってしまったら、いくらあなたが頭で痩せようと思っても体は全力で反発する。こういう「頭と体の敵対関係」を作ってしまったらダイエットは失敗する。

そうならないように。緊急発令警報が鳴らないようにうまくダイエットしていかなければならない。そう、それは「ダイエット」というより「シェイプアップ」する、という考え方だ。無理に痩せるのではなく、自分の体のいらない部分の肉をそぎ落とし、彫刻のようなボディにデザインしていく。そのためには自分の脳を納得させ、折り合いをつけて無理な食事制限をせず、食べるけど「食べちゃいけないものは食べない」ようにし、「これは飢餓状態だ」と頭が錯覚しないようにする。

 

脳が混乱している

 

秘密−2:「筋肉と脂肪の関係」

意外に思うかもしれないが、筋肉をつけないとなかなか痩せるのは難しい。

「えっ、筋肉なんかつけたら、その筋肉の重さでますます体重が重くなるんじゃないの?」

と思うだろう。ところがーー

食事制限をして今までのように豊富なエネルギーが体に入ってこないと、あなたの体は溜め込んでいたエネルギーを使おうとする。ここまではいいのだが、問題はその消費する部分の順番だ。

やっかいなことに、足りないエネルギーを体は真っ先に「筋肉」から奪おうとする。筋肉を一番最初にエネルギー補充のターゲットにするのだ。このメカニズムがわかってないとダイエットはいっこうに成功しない。つまりこういうことだ。

我々から見れば、まずお腹や背中、二の腕や太ももについたブヨブヨした脂肪。こいつから退治して欲しい。どう見たってこの無駄な贅肉の方がエネルギー消費させる第一のターゲットだろう、と。しかし体はそうは思わない。筋肉が減ったところで、とりあえず影響は薄い。お腹の脂肪などは最終的な「備蓄倉庫」として生き延びるためにとっておかないといけない。なんせこの飢餓状態はいつまで続くかわからないのだから。お腹や二の腕は、備蓄倉庫としては最高だ。ここは最後まで使わず取っておかなければ。これが「サバイバル対策としての体と脳側の考え方」である。

だから、無理な食事制限をすると、どんどんスタイルが悪くなる。

だって筋肉から養分を吸い取り、筋肉を痩せ細らせ、お腹などの脂肪はそのままだからである。超カッコ悪い体型の出来上がりだ。

これを防ぐため、筋トレをやる。ガンガンやって筋肉をつける。すると体は「あっ、今は筋肉をつける時期なんだな」と認識する。これはダイエットではない、筋トレ、シェイプアップなんだ、と思わせるのだ。そして飢餓とは思わせない「食事制限(食べていいものと悪いものを決める)」すると初めて体は、足りないエネルギー補給をお腹周りや二の腕から行うようになるのだ。

 

A healthy man measuring a unhealthy mans waist

 

秘密−3: 体重計を買う

とっても不思議なことなんだけど、ダイエットしたいのに「体重計がない」ままの人がいる。こういう人は残念ながら100年経っても痩せられない。ある程度性能のいい体重計を買ったって1万円もしないのに、そんな投資も出来ないようでは本気度が疑われる。ダイエットとは、常に「自分の状態と向き合う」作業である。昨日の自分より今日が進化していることに気づき微妙な変化を記録していく。

また、必ず訪れる「努力してるのに変化しない」停滞期を超えるためにも日々の記録がモノをいう。体重計は必ず自分専用のものを持っていて欲しい。そして、朝起きて歯を磨く前、とか。トイレに行ったあと。など、毎日決まった条件のもとで体重計に乗る習慣をつけるのだ。散歩行った後に計ってみたり、散歩行く前だったり。昨日は朝に計ったのに今日は夜、といういい加減な計測では正確な記録ができない。

 

体重計に乗る

秘密−4: 食べたものを記録する

まず、ダイエット時には「食べていいもの」と「食べちゃダメなもの」「食べない方がいいもの」がある。

それらを選び、朝、昼、晩。食べたものを記録していく。献立を書くだけではなく、その時の体調、なぜその食事になったかも簡単に書いておくとなお良い。自分の体に入れるものを意識するようになると、ジャンクな体に悪いもので1食損するような食事はしなくなる。そういう意識が芽生えれば、単なるダイエットではなく健康に痩せるモードに突入していくのだ。

また、食べ物は写真に撮って残しておくことも忘れずに。これがダイエット日誌となり、体にとって何が良くて何が悪かったか一目瞭然になるのだ。

 

秘密−5: 大量の水を飲む

できれば1日4リットル。大きなペットボトル2本分の水を飲む。水を飲むと本当に痩せる。もちろん運動と組み合わせないと痩せないが、水を飲むのはダイエットの基本である。お得なダイエット法なのである。

 

Girl drinking clean tap water from transparent plastic bottle

秘密−6: ウォーキング、ジョギング、50mダッシュ!

毎日の有酸素運動は、やっぱりダイエットには必要なことだ。「えーっ」と思わず、無理なくできる自分なりの方法を見つけよう。たとえば通勤時、1駅前から歩くとか。ルーティーン作業は工夫次第で楽しく面白いものになる。

秘密−7: 週に2回の筋トレ

じつは、これが個人でやる場合の一番のネックになる。秘密−2:「筋肉と脂肪の関係」のところでも触れたように、筋肉をつけて増やしていかなければいつまで経っても余分な脂肪を燃やしてくれない。よって筋肉は痩せ細り、脂肪は落ちないというだらしない体型になってしまうのだ。

しかし筋肉トレーニングはやりすぎてはいけない。筋肉細胞は激しい筋トレによって一時的に壊れる。破壊される。

この壊れた状態で連続してトレーニングしても意味はない。筋肉は壊れたあと4〜5日で再生する。この再生時に以前より強く太くなる。筋肉が発達するのだ。なので、週に2回筋トレを行うのは、例えば月曜日には「上半身の筋トレ」金曜日には「下半身の筋トレ」というように、分けて行う。同じ筋肉を連続で痛めつけないよう、筋肉が休める時間が取れるメニューを組むのだ。

筋トレは正しい方法でやらなければならず、この点だけは出来れば指導者がつくか、あるいは「正しい筋トレ」の本などを読んで実践して欲しい。

 

Gym woman doing pushups on dumbbells

 

秘密−8: 砂糖、炭水化物を摂らない

高額ダイエット・ジムの「短期やせ」の大きな秘密が、この「糖分を徹底的に排除する」方法だ。

現代の食生活は、知らぬ間にびっくりするほどの糖分をとっている。外食やインスタント食品をやめ、自分で料理して食べることでこの「砂糖まみれの生活」から逃れることができる。

 

糖分とは「砂糖」のことばかりを言うのではない。じつは炭水化物は砂糖と同じ、と認識した方がいい。ごはんを1杯食べるのは山盛りの砂糖を食べているのと同じ、と考えてみて欲しい。パンもそうだ。パスタもそう。そして意外に思うかもしれないが、フルーツにも「果糖」と呼ばれる大量の糖分が含まれる。フルーツだけ食べていれば健康に痩せられる、と考えるのは危険な勘違いなのである。多少であれば食べても構わないが、ダイエット中はフルーツ類もなるべく避けた方がよい。

では、いったい何を食べればいいのか?

 

その答えは「良質のたんぱく質」である。これならある程度普通に食べても構わない。

食べていい食材は、ここでは書ききれないが代表的なものを上げると 赤身の牛肉、赤身の豚肉、まぐろなどの赤身、皮なしの鶏肉、ほたてやあさりなどの貝類。豆腐やこんにゃくなどである。

反対に食べてはいけないものは、砂糖、炭水化物、市販のジャンクフードなど多岐にわたる。ここらへんの詳細に関しては次の記事に譲るが、油や調味料などでも使っていいもの、悪いものがある。

市販のジュースやスポーツドリンクなどは、大量の砂糖を流し込むだけの恐ろしい飲み物だということを知るべきだ。これはダイエットだけの問題ではない。恐ろしい食品に囲まれて生きている現実と向き合おう! 今まで無防備過ぎたのだ。こんな生活を続けていれば必ず病院のお世話になって薬漬けの患者になり、最後は病院のベッドで幕を閉じるハメになる。

そうならないために、正しいおとなのダイエットを実践して欲しいのだ。

 

Sugar in carbonated drinks

 

まずは短期間で変わる、と決意すること

ダイエット成功の秘密は「だらだらとやらない」ことである。2ヶ月なら2ヶ月と決めて、劇的に生活を変えてみる。食生活、運動、考え方。それらをストイックに実践し、行動に移す期間を設定するのだ。人間の集中力なんて、そんなには持たない。1年計画で無理なく痩せようなんて考えること自体、ダイエット成功からは遠い考えだ。1年のうちにどんどん妥協が出て、流されてゆく。気づいた時には「何だったっけ? ダイエットしたいな、って思ってた気もするけど」となり、お正月に「今年こそはダイエット!」と達成されない目標を毎年立て続けることになるのだ。

 

人間、変わる時には「劇的に変わる」と決意しなければならない。これが何事もうまくいく秘訣である。たとえば2ヶ月で、10キロ痩せる、と決意する。今より10キロも痩せれば見た目は激変する。誰が見たって痩せて見えるから周りの誰もが「痩せたねー、キレイになったね」と褒めてくれる。実は、こういうご褒美が自信とやる気をさらに強くする。だからダイエットは短期決戦、と考えるべし! 短期間でごっそり痩せて、後はもう少し痩せようとか、筋肉をつけて美しいフォルムに仕上げようと微調整していくのだ。すべての成功は、短期決戦にあり! 短期に勝利し、あとは微調整と考えよ。

 

Samurai on top of mountain.

 

次回の記事より、今回の内容について詳細解説していこう

では、次回よりいよいよ実践編である。しかし、すべての基本は今回の記事に詰まっているので「何のためにやっているのか」わからなくなったらこの記事に戻ってきて欲しい。今回の記事に書かれている内容の1つ1つを次回から深掘りするためである。木を見て森を見ず、とはよく言ったもので「全体像を常に把握しておかないと進む道がわからなくなる」

ダイエットに関する設計図ーー 全体像が今回の記事である。迷ったら、やってる意味がわからなくなったら必ずこの記事に戻って決意を新たにして欲しい。あなたの成功を、心より願う。

 

まとめ

見た目が、その人のイメージ、年齢を決める。現代では第一印象が大きな意味を持つ。そうであれば、そういう時代の流れを受け入れ「裸が美しい」人になろう。今から短期間で劇的に痩せることは可能である。「ライザップ」のような高額ダイエット・ジムはいったい何をやってそんなに痩せさせているのか? その秘密は8つある。「人間のメカニズムを知ること」「筋肉と脂肪の関係を理解すること」「体重計を買うこと」「食べたものを記録すること」「大量の水を飲むこと」「ウォーキング、ジョギング、50mダッシュ!」「週に2回の筋トレすること」「砂糖、炭水化物を摂らないこと」である。

また、痩せることだけではなく何事もそうであるが、人間の集中力はそんなに長くは続かないので短期決戦で勝負をつけることがだいじである。短期で痩せてあとは微調整、というのが成功するやり方だ。

 

ということで、次回は「短期でやせるスケジュールを立てる」です。

実践的に踏み込んでいくので、お楽しみに^^

 

Runner athlete running on stairs.

 

 

次回:短期でやせるスケジュールを立てる   お楽しみに^^

短期でやせるスケジュールを立てる【 オトナのダイエット 】

 

 

こんな記事もありますよ^^

↓ ↓ ↓

心ときめく

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミスター・ワイルド|自分をデザインするライフスタイル・マガジン!の注目記事を受け取ろう

おとながダイエットしたくなる画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミスター・ワイルド|自分をデザインするライフスタイル・マガジン!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Mr. WiLD 編集部

Mr. WiLD 編集部

各カテゴリーの専門家集団。個人名、プロフィールなどは各記事のプロフィールをクリックして確認してください。

この人が書いた記事  記事一覧

  • <この記事は kindle で出版するため、ここでは削除させていただきました>【 いじめ対策 ・解決法 】泣き寝入りしない戦いかた

  • あきらめなければ夢はかなう、というのは【 ウソ 】か ?

  • 長時間労働【 奴隷 】から抜け出そう!

  • 【 おひとり様 】 を 楽しもう! その1 焼肉

関連記事

  • ピアノ弾けたら、モテるかな?【 楽器弾きたいシリーズ ピアノ編 】-近日中に公開予定。お楽しみに!-

  • 心ときめく

  • あきらめなければ夢はかなう、というのは【 ウソ 】か ?

  • 長時間労働【 奴隷 】から抜け出そう!

  • 【 グルメシリーズ 1 】肉の競演! ヘルシーな馬刺し

  • テレビをパソコンで見る方法【 道具はいらない、超カンタン! 】